専門書を買い取ってもらおうと大型リサイクルブックセンターに持ち込んで、雀の涙ほどの買い取り価格に泣いたり、買い取り拒否にあってしまった経験はありませんか。そんな失敗をしないための注意点とアドバイス!

中古の専門書を高く買ってもらうには?

サンプル

出来る限り高く売りたい!!

学校に入学すると……この場合、主に大学入学……選考した学部やゼミナールにもよりますが、卒業までのかなりの冊数の専門書を購入することになるのではないでしょうか。

卒業後、大学で学んだ専門分野に進まない場合、いえ、たとえ同じ分野の仕事に就くことになったとしても、学生時代に使っていた専門書の多くは必要のない物になってしまうものです。

必要が無くなったとはいえ、そういった専門書というのは出版部数も少ないこともあって販売価格は一般書に比べるとかなり割高になっています。

専門書をできるだけ高く買い取ってもらうにはどうしたらいいでしょうか。それはズバリ「綺麗に使うこと」です。価値のある本、売れる本であることも大事なのですが、学生が自費で購入する(または購入させられる)専門書に「価値」を求めるのは難しいことでしょう。しかし売れる可能性が残されています。

「売れる」本であっても、破れている物は論外ですし、やたらラインが引きまくってある物もNGです。書き込み、ページを折ること、格好をつけて蔵書印などが押してあるものは引き取ってもらえないかもしれません。

学生時代に購入する専門書は、必要なくなったら処分すると考えて、ケースやカバー、帯は外して別に保管し、本体には別にしっかりとしたカバーを掛け、かき込みなど本に手を加えることも一切ないようにしましょう。

面倒なようですが、専門書は即現金に変わる財産と考えましょう。本来、本を大切にするのは当たり前のことなのですから。

ネットオークションで売ろう!PICK UP!

サンプル

その本、捨てるのはちょっと待った!

数十冊の専門書を買い取りに出したい、近所に専門書を扱っている古書店が無く、仕方がないのでチェーン展開している大型新古書に持ち込んでみたら古本買取を断られてしまった。

ネットオークションで売ってみようかと思って出品方法を調べてみたら、一冊ずつ書籍の説明文を書いたり、写真を撮影したり、またそれをアップロードして売れるまでオークションの管理をしなくてはいけないし、落札されたら梱包して送らなくてはいけない。

がんばって準備したとしても、専門書に買い手なんかつかないのではないか、とネガティブな発想に陥って、「面倒くさいから今度の資源ゴミの日に捨ててしまおう」と決めてしまったあなた、ちょっと待ってください。

あなたが捨てたその専門書を誰かが拾っていって、本買取サイトかネットオークションで高く売るかもしれません。

とりあえず、ネットオークション出品代行サービス業者に現物を送ってみてはいかがでしょうか。ネットオークション出品代行サービスはその名前の通り、あなたに代わってネットオークションに出品し落札後の取引までを代行してくれるサービスです。

落札されないものについては負担金を支払う必要がない業者が多いですし、書籍であれば着払いで現物を送って鑑定してもらうこともできます。
捨ててしまえばゴミなってしまいます。その専門書を喉から手が出るほどほしがっている人がいないとは限りません。
一度ネットオークションのオーソリティの目で見てもらっても損はないと思いますよ。